弁護士に相続に関する対策や手続きのアドバイスをもらおう

成長の起爆剤

レディ

株式上場でできること

監査を受けること、その意味の一つに自社の財務諸表を公開して、投資家に資金援助を募ることで協力を得ることができるように準備を整える、という意味があります。いわゆる株式公開を行って株式市場に上場することが、それを指します。このことは非常に大きな意味を持っていて、事業拡大のためには必須の手段だといわれています。株式上場と事業拡大の関連性は非常に強いです。企業の信用度を圧倒的に向上できる点、そして、それによって投資家が株式を購入すれば、さらに現状の事業を大きくできるための資金繰りが大きく捗る、という点にあります。積極的な海外進出や売上規模の拡大は、自己資金だけでは簡単に実現できません。ですが、強力な資金力を投資家の力で実現できれば、こういった目標への道程はかなり近づきます。これが、株式上場の魅力です。そして、投資家の力を借りるためには、投資家に信用される必要があります。ここで、監査の意味が大きく関与してきます。

信頼と出資は表裏一体

監査の中には様々な種類がある中で、上場企業が必ず行うべきものが会計監査です。これを行うことによって、自社が毎期発行する財務諸表と呼ばれる会計情報に、会計士の力によって信頼性を付与できます。投資家にとって、自分の命と同じように大切なお金を企業に投入するからには、信用できる企業でなければ資金提供ができない、そういった気持ちがあります。つまり、信頼と出資は表裏一体だということがいえます。そこで、投資家は財務諸表まで調査して、企業の経営状況を判断しつつ、どこに投資するのかを考えています。この時、財務諸表に万が一不正があった場合、投資家の投入した資金が正しく経済に作用しないことも懸念されます。そして、監査を行う他に、財務諸表が正しいということを証明する方法はありません。ですから、上場企業にとって監査は重要です。よって、成長の起爆剤となる上場企業となるためには、監査法人と呼ばれる専門家と連携して、会計監査を行うことから始める必要があります。